スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショックすぎだろ・・・常識的に考えて または学研の思い出

TXに「はっぴーらいふ、はっぴーほーむ、たま、ほーむ♪」と楽しそうに歌う押さない兄妹がいた・・・回し者だろうか・・・?幻Aです。
学研の「学習」と「科学」が休刊
学研の「学習」と「科学」が休刊へ。少子化で部数が落ち込んでいたという。

「6年の科学」の付録は「ハンディ金属探知機」や「電気メッキ実験キット」 学研ホールディングスは12月3日、小学生向けの学習雑誌「学習」と「科学」を休刊すると発表した。少子化による児童数の減少などで部数が落ち込んでいたという。

 学習は2009年度冬号(1月1日発行)、科学は09年度3月号(10年3月1日発行)を最後に休刊する。

 学習は1946年、科学は57年創刊。原則、販売員による家庭向け直販方式で販売され、付録とともに毎月届く両誌を楽しみにする子どもたちは多かった。近年は一部店頭販売もしていたほか、学習は04年から月刊をやめていた。

 小学館も、「小学五年生」「小学六年生」を09年度いっぱいで休刊する。

オレの親父は生まれた時から理系。母方の祖父は無線技師(テクニカン)。そんな2人の息子はもちろん理系。だからオレには学研の科学は聖書(バイブル)。無駄にしたキットはおっくせんまん。
と、なんかDQNの中途半端なラップみたいになってしまいましたが(やらなきゃよかった)、おそらく学研の科学がなければこんなふうにはなってなかったと思います。いい意味でも悪い意味でも。

 まあなんつったって夢がありますよね。「この技術で未来はばら色!!」みたいな感じで当時、あるいは研究段階の未来の技術が紹介されていて、そして今をみるとそれですら過去のものになっている。まだダイヤルアップ時代にもかかわらずインターネットを紹介してオレを廃人無限の世界への扉にいざなってくれるきっかけにもなった。現在では当たり前になった様々なポータブルデバイスも「未来の」道具として紹介されていた。当時なにがすごいのか全くわからなかった二足歩行ロボのすごさを文字通り小学生にもわかるように解説していたのも学研だ。当時の子供たちがみたら今のロボットの運動神経(?)には驚くことだろう。さすがにiPS細胞こそ予言されていなかったものの、今の再生医療の発展につながる技術も紹介されていた。これを読んで科学に興味を持たないほうが難しい。今のこの僕は確実に学研の科学によって作られている。
 
 現実的な範囲の話をすれば、これに連載されていた「まんがサイエンス」というまんがが素晴らしかった。
「なぜうるち米でもちはつくれないのか?」「でんぷんの形がちがうからだよ」
「細胞ってどうなってるの?」「工場みたいなもんだよ」
「息すんの無駄じゃね?同じ量吸って同じ量吐くならしないほうがよくね?」「成分が違うんだよ」
「顕微鏡でなんで小さなものが見えるの?」「短い波長の光をあてるからだよ」「うはwwwじゃあめっちゃ短い波長の光をあてたらどんな小さいもんでも見えるんじゃね?www」「そんな光人間は認識できないよ。だけど違う方法(電子顕微鏡)で見えるよ」
「体はどうやって守られてるの?」「免疫っていう兵士たちががんばってくれてるんだよ」
とか・・・ああ、懐かしすぎて書ききれない・・・この手の常識だけど、子供には難しい概念を適度に簡略化し、わかりやすく説明してくれたまんがサイエンス。これらの知識を子供時代に得た結果、受験では難しいものも容易に理解できた。あと今のバイトでも簡単に説明する技術として反映されてるような気がする。

 もうひとつ素晴らしいのは、これだけ子供に科学への扉を開いておきながら、文字通りのロマンも忘れさせなかったことである。「血液型占いVS占星術」「古代遺跡のロマン!」「キリストは日本に来た!?」「ピラミッドとオリオン座の暗号!」「火星に高度文明が!?」「1999年ノストラダムスの予言!ついでに他の予言者特集!」これ、MMRよりはるか前のネタですよ。キバヤシはでてこないですよ。おそらくは同じく学研のムーの編集者が口をだしたのだろう。この手のネタも私の大好きなトピックである。

 そしてなにより忘れてはいけない。学研の科学の最大のウリは夢あふれる科学キットなのだ。
 夜に怪しく光るスライム型砂時計、スーパーボール型スライム、無駄に科学技術を結集させたマジックセット、ゲームボーイ型通電テスター、怪しいプランクトン飼育セット、ミニ骨格標本、探偵になろう的な鑑識セット、古代のパン再現セット、怪しいゼリー製造機、仕組みから理解するシャーベット製造機、おそらくはムーの編集者の口出しで生まれた無駄にハイテクな占星術キット・・・
 何個ものキットを説明書を読まずに組み立て、壊し、親になきついてバックナンバーを取り寄せてもらい、また組み立て、うまく作動せず説明書を読み直し、そして、期待通りの結果がでた時のあの開環・・・
 おかげで小学校の実験のころから「オレおまえらより実験できますぜオーラ」をぷんぷんさせ(てたつもり)、思わず黒の教科書を読むところだったちなみに今でもそれはあまり変わっていない。
 でもやっぱりこのキットの経験はいまでも実験で役に立ってるだろうなー。液を混ぜる順番を間違えてはいけない、っていう経験ができるのって、これとあとはねるねるねーるねくらいでしょ?
 あと壁面についた粉を別の液体試薬で回収したり、いやそもそもどうやったら液体とか粉をどうすればうまく扱えるのかとか。(ちょっと話はずれるけど料理うまい人も実験うまいと思う)あと説明書はよく読もう=予習は大事。

 なので本当に学研の科学がなくなるとますます理系離れが進むんじゃないかと危惧する幻Aでした。明日の実験の予習をするので今日はここまで。

追伸で宣伝です。
12月5日(土) 16:00か17:00からうちのサークルのWinter Live'09の宣伝ライブを行って僕も歌うので暇な人はお越しください。松戸駅前です。というかボイ部民の人はビラ配り手伝ってください。



あ!!一番大事なこというの忘れてた!!

サークルの部長になってしまいました。よろしく
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

関連スレ
ttp://hideyoshi.2ch.net/test/read.cgi/dqnplus/1259908370/

過去の伝説一覧
ttp://2chart.fc2web.com/higashiharaaki.html

DEATHブログこEEEEEEEEEEEEEE
ストレス解消!『ゾンビ打2』ブログパーツ
ザ・タイピング・オブ・ザ・デッド2
プロフィール

幻A少年

Author:幻A少年
幻AブログⅢをお楽しみなる前に必ずこちらの自己紹介をごらんください。

最近のコメント
最近の記事
過去ログ

..

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ゾンビカウンター
ザ・タイピング・オブ・ザ・デッド2
FC2カウンター
幻A少年のブログリスト
最近のトラックバック
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。