スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ぬらりひょんの正体について考えてみた

大学に入ってからめっきり本を読まなくなった幻Aです。こんばんは。

とはいってもサークルの人に進められた京極堂にはまったりしております。

で、妖怪がらみの話なんですが、まあ最近はぬらりひょんでぐぐると某ジャンプマンガが出てきたりします。

ですが、23の僕にとってぬらりひょんといえば、最近朝ドラでも活躍中の水木御大の鬼太郎のボスキャラ的存在です。

しかし今朝、オカルトサイトを回ってる時にネットソースの範囲でググってみると、もともとはそういう妖怪ではなく、「とらえどころがない」とか「人んちが忙しい時にあがりこんでゆっくりしてる」とか全然イメージが違うのだ。だいたい絵巻きの絵からして、ゼロ知識でそれみたらたぶんただのおっさんの絵としてしか見えないんじゃないか。

で、たくましゅう妄想力でぬらりひょんについて考えてみた。

詳しくは京極堂シリーズを読んでもらいたいのだが、妖怪とは記録に残って、人口に膾炙しないと存在しえないのだそうだ。で、当時の記録とはもちろん紙媒体。絵巻だ。で、妖怪専門の絵師とかいるわけ。

僕が思うに、ぬらりひょんて、その絵師さんに妖怪話をしてくれた、仲の良かった人間のおじさんだったんじゃないかなあと思う。

江戸時代なんか家事も大変そうだし、夕方なんか子供に手は回らなかっただろう。そこにふらっと訪れるものすごい頭の形したおっさん。「おう坊主、ひまか」とはじめる妖怪話。親や兄弟たちからほっとかれた幼少期の絵師さんからすれば、きっとおもしろい話だったに違いない。
江戸時代なんかいまよりおおらかだろうしね。縁側におっさん一人いても問題なかったんじゃないか。

で、絵師さんが成長して絵師さんになったときに、その話をもとに妖怪絵巻を作った。で、ユーモアというか洒落っ気を利かしてそのおっさんを描いてみたと。絵だけで説明がないのもきっとそのせい。特に説明することもないからあえて絵にしたんだと思う。

なんかWikiによると本当にぬらりひょんて昔から創作のイメージのほうが強いらしいんだよね。で、確たる説もないからこんなに好き勝手に想像できる。(他の妖怪だとわりとバックグラウンドや出現条件も決まってて妄想はしにくい)京極夏彦さんが「ぬらりひょんの馬子」とか自作でだしてくれないかしら。
スポンサーサイト

全ての紙をノーパソに入れて持ち歩こう計画

まさに体を張った社会実験ということになりそうです。
ネタとして完結していないのはどうかなと思うのですが気分がノっているのでメモだけ残しておきます。

きっかけその1。A3のプリンタ&スキャナが欲しくて6万円の大枚はたいてbrotherの6890cnを買いました。そしたらADFという、自動原稿送り器、重なった紙をローラーで送ってスキャンしてくる装置がついていました。
きっかけその2。ipadです。とはいっても買ったわけじゃありません。僕も最近知ったのですが、早い話、個人でも本をスキャンして電子化することが容易になったのです。ただ、それをパソコンで見るのか?という問題があって、あまり流行ってはいなかったのですが、ipad,Amazon Kindleの影響でそれが現実味を帯びてきたのです。

というわけでライトギークな僕も手段があったのでやってみました。タイトルにあるとおり
「全ての紙をノーパソにいれて持ち歩こう計画」です。

何べんも言いましたが、20数年の人生を通して、僕のかばんが誰かより軽かったことはないといってよいでしょう。
小学校の1学期の終わりにはサンタクロースのようにランドセルと大量の手提げ袋、先生にめぐんでもらった袋をぶら下げて下校し、浪人の頃には分厚く重い赤本や受験参考書を3次元テトリスよろしくかばんに詰め込み、ボーイスカウトではなぜか他の子供たちより荷物が重く、大学では「なぜお前のかばんは重いのか」と揶揄される、そんな人生でした。

原因は長い間わかりませんでした。いや、物を入れすぎという直接的な原因はわかります。
問題は、なぜ僕はそこまで多くの物を持ち歩くのかということでした。
母親は言います「物がないと安心できない性格だからそうなるんだよ」(母は物質文化>恋愛である僕の心境を皮肉ったようですが)
サークルの友人は言います「そのかばんの中のもの全てを今日使ったのか?」
なるほど、そうかもしれません。というわけでやってみました。かばんから物を減らしました。それでも僕のかばんは重く、ごついままです。

しかし「紙を電子化する」という方法を知ってやっと正解に出会ったのです。

「僕は物だけでなく、情報がないと安心できない」と。

くわえて

「僕は紙情報を整理するのが苦手」

ということです。これに気づいたあとは簡単でした。
授業でもらったプリントをスキャンする。
ルーズリーフをスキャンする。
実験テキストをばらしてスキャンする。
その日に買った教科書をザックザクにしてスキャンする。

おかげで現在僕のかばんに入っている紙類は以下のものだけです。
・他人に渡さなくてはいけないもの
・書き込むために使うもの
・店先など、ノーパソを起動できない状態で確認しなくてはいけないもの。
・小説、コミックス(さすがにこれは切断できません。後日言い訳)

現在の経過からいうと、若干の不便さはありますが、まあ成功といえると思います。
日によっては昔よりワンサイズ小さいかばんで通学することが可能になりました。

じっちゃんの名にかけて!

両親が機械関係にかなり強いということは、このブログでも述べてきただろうし、よく僕の口の端にものぼることと思う。

だが上には上がいて、実は母方のじっちゃんも機械大好きに人間だったのだ。


とだけブログに書いたらおそらく祖父の崇りで今すぐにでもPCが吹っ飛ぶであろう。PCを守るためにも最近見せ付けられた祖父の凄さを紹介したいと思う。(と言っても祖父は僕が生まれる前に鬼籍に入っている。)

幻A「じーじも機械好きだったじゃん?」
母「そうね」
幻A「じゃあたぶんiPadもすぐ買っただろうね」
母「そうn・・・いや、



先に作ってただろうね」



母の実家は日本有数の漁港なのだが、何を隠そう祖父は漁船に使う無線を作る無線屋だったのである。
骨の髄まで技術者なのだ。特許もいくつか持っていて、(今はないらしいが)祖父製作のオリジナルの機械も家にはあったらしい。

先の言葉を言ったのは母であるが、それを言われただけで会ったことのない、そんな祖父に叱られた気がする。

祖父「お前はただ機械をもてあそぶだけでいいのか」
と。

確かに父もPCは設計して思い通りに自作してるし、僕にとって持っている機械は「道具」というよりも「おもちゃ」という感覚に近い。言ってしまえばメーカーに踊らされて、ただ機械を消費しているギークに過ぎないのだ。
わかったよじーじ・・・

オレ、手作りの早押しボタン、バージョンアップさせるよ。
ストレス解消!『ゾンビ打2』ブログパーツ
ザ・タイピング・オブ・ザ・デッド2
プロフィール

幻A少年

Author:幻A少年
幻AブログⅢをお楽しみなる前に必ずこちらの自己紹介をごらんください。

最近のコメント
最近の記事
過去ログ

..

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ゾンビカウンター
ザ・タイピング・オブ・ザ・デッド2
FC2カウンター
幻A少年のブログリスト
最近のトラックバック
カレンダー
05 | 2010/06 | 07
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。